FC2ブログ

栗花落亭のお品書き ~勇人がやらねば誰がやる(笑)~

勇人がやらねば誰がやる(笑) 巨人の若きチームリーダー坂本勇人とリアルぴのこと藤村大介を応援するブログ 雨の時にはやさしく傘を、そして時には背中を押して後押しを そんな気持ちを目指して応援しています♪

2012/11/02(Fri)

日本シリーズ第五戦~やっと笑顔みれました♪~

いらっしゃいませ!
栗花落亭へようこそ♪

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
お手間でなければこちらもクリックしてもらえれば嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

まず初めに先発が俊兄であろうと思い
書いたらその後に内海選手会長が先発すると知った昨日の朝(^_^;)

ちょっとーー!それならそうと、俊兄OK!!
みたいな記事載せないでよ~と心の中で叫んでました(笑)
(一体誰に対してやねん?でしたけど(笑)

そして試合が始まるまでの間、ずーっと
おとついの大介のエラーの事がエンドロールのように
ぐるぐると頭を駆け巡り、会社では負けたねと何度も言われ
大介のエラーに関しては『あのバカヤロウが』と言われて
何気に心をめった打ちにされた気がして途中から
言葉を返す事もしなくなってました(*_*;
(余談ですが最近会社では”監督”と呼ばれてます
私がジャイアンツファンだと知れ渡り結構色んな事
知っているので野球の詳しいことは知らないのに監督(笑)
情報も毎日ニュース見てるからなのに(笑)

と、では前置きが長くなりましたが・・(^_^;)

書き綴ります!

どうぞごゆっくりお楽しみ下さいませ(^o^)丿
勝ったので一応画像つきです♪


おとついの試合のことなどでちょっと泣きそうに
なっていたので(大袈裟(^_^;)

この連敗した2試合の鬱憤を晴らすような快勝!!
これで心穏やかに本拠地・東京ドームに戻ってくれるなんて♪
昨日の今頃は夢にも思っていませんでした(笑)

スタメンのボウカーとさすらいさんが大好きなエドガーが
打線に入ったことで新しい風をチームに運んでくれたような
気もしますし、阿部は昨日も出場はしませんでしたので
カトケンがスタメンマスクでした☆
カトケンは打っても2打点と打点も挙げる活躍☆彡
(カトケン久しぶりだな(笑)

試合経過としてはボウカーの2ラン☆彡
DSCF6075-1.jpg

勇人タイムリー☆彡
DSCF6076-1.jpg

矢野さんの犠牲フライに☆彡

今度は勇人の犠牲フライ☆彡
DSCF6079-1.jpg

エドガーさんタイムリー☆彡とここまでで8得点!

とどめに鈴木さんのタイムリー☆彡
(斉藤君が出てましたね)
DSCF6087-1.jpg

そして松ちゃんの内野安打の間に1点☆彡
DSCF6089-1.jpg
DSCF6090-1.jpg

これで計10得点♪♪

試合自体は第二部があったので
再放送を途中から観戦でしたので
前半の部分は見れてないんですが
この試合経過見るだけでも幸せな気分に
なれて、昨日はとてもハイテンションでした(笑)

投げては内海選手会長が8回2失点の好投♪♪
流石に”柱”と帽子の裏に書いて常にチームと
ピッチャー陣の先頭に立って引っ張っている
人は違うなぁと思いました(笑)

前回登板から中4日でしたので実際問題どうだろう?
でしたけど、そんなことは全く問題なさそうでした☆

ま、さすらいさんも中4日ぐらいが一番コンディション
的には良いと言ってましたんで、正にその通りで♪
無双といわれる状態に後半は特になっていたように思います♪

もう投げることは無いという事での120球を超える
力投!ほんとにお疲れ様でした(^^♪
そしてありがとうですね(*^_^*)

そして最後はケンタロウがマウンドへ!

顔色があんまり良くなくてちょっとヒット
打たれたりして心配しましたけど、何とか
抑えてくれたので、ほっとしました(^_^;)

いいもの持ってるんだから、もっと
自信を持って投げてね、ケンタロウ☆
と思いました(笑)

それから阿部はベンチには入ってましたし
キャッチボールを阿部としたりしてまして
内海選手会長は喜んでましたね♪
ちらっと見た新聞記事に阿部がベンチにも
入らなかった真相について書かれてましたけど
どうやら入りたいと言った阿部に対し
球団側が気を使い過ぎての『帰っていいよ』
だったらしくちょっとそこでいろいろあったようなんですけど・・
やっぱり阿部がいてくれる事はとっても良い事
と同時にやっぱり阿部を欠いてもいいように
今後は阿部・キャッチャー4番というのは
怪我とか考えても恐いので・・阿部をファーストで
固定出来るようにキャッチャー育てる為にも真剣に
考えてほしいと思いました☆


で、こちらは勇人さん♪
DSCF6077-1.jpg
昨日はタイムリーに犠牲フライにと
2打点の活躍で本人的にも気分よく東京へ
戻れると気合いのコメントもありで調子は上向き♪

久しぶりに塁上で笑顔だったので撮ろうとして
撮れたのが↑ ↑ ↑(^_^;)
勇人がたまにする顔で嫌いではないので
笑顔撮れなくて悔しい記念に載せます(笑)

でも、ちゃんと笑顔は見れたんで
その笑顔は私の頭の中のアルバムに
しまってあります☆


そして最後に・・・
昨日ミスがあって情報によると泣いていた
という大介でございますが・・ベンチからも
外されたということで、ほんとにもう出番は
ないのかもしれません・・

泣いたと聞くとついついおかん的には
庇ってやりたい心境にならなくもないですが・・
そこはプロですしね!取れて当たり前
投げて当たり前の世界ですから、あのプレーを
庇うことは大介の為にもなりませんし
以前勇人も自分のエラーで負ける試合を経験し
そこから自身の守備を見つめなおし今に至るわけで
大介にとってはピンチではありますが
ピンチはチャンス☆という言葉もありますし
(これはさすらいさんの座右の銘です♪)
これをいい機会としてもっともっと練習して
自分を見つめ直して戻ってきてほしいと
おかんは思っています!!

決して駄目とか思ってないし
たくさんの人が応援してくれてるんだから
自分を信じてガンバレ!!!


それでは、この辺で

つゆりでした(^_^)/~


日本一目指して

ガンバレ!ジャイアンツ!!!


I pray for the quick revival.

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
お手間でなければこちらもクリックしてもらえれば嬉しいです♪
人気ブログランキングへ
昨日の試合・・勝ったことだけを書いて
終わろうと思えば終われるわけですが・・
やっぱりジャイアンツを応援している身としては
これは避けて通るべきではないと思いますので
書きますが・・

カトケンが死球・危険球扱いで出塁
これには栗山監督も猛抗議されてましたし
私もスローで見る限りはボールは頭部に
当たっているようには見えなかったので
危険球だとは思わなかったですが・・
でも審判が危険球だと判定してカトケンを
一塁へ歩かせた時点で責任はカトケンではなく
明らかな間違いをした審判にあるわけで
怒りの矛先をカトケンに向けるのは間違って
いますし、カトケンは元々オーバーリアクション
な選手で、ジャイアンツのファンの方なら
分かって頂けると思うのですが・・ファイターズ
側からすれば、あのよけた素振りがオーバー
に見えた、わざとじゃないのか?と思ったんでしょうね

それに擁護するわけではないですが、以前に
頭部に死球を受けたことがあるカトケンなんで
頭の方にきた球に恐怖を感じて思わずよけた
ものがあまりのオーバーリアクションで
審判には危険球だったように見えたのかもしれません

ですから栗山監督の抗議も理解出来ますし
ジャイアンツが同じような判定をされたら
それは原監督も猛抗議をすることでしょう

何で、カトケンのあのリアクションはわざとじゃ
ないわけで(本人の口からよけるのに必死だったと
コメントも出てますので)
その後の打席でずっとブーイングしてたのも
???で、それがあの意地のタイムリーにも繋がりました☆

で、このカトケンヒットの後の長野の打席・・
ボールが長野の膝を直撃したのは頂けなかったなぁ・・
カトケンのタイムリーの後だったし、死球受けてるのに
拍手喝采でしたから・・あれはちょっと違うなと思いました

せっかく勝った試合を楽しく見たかったのに
途中でこんなことがあると何だか後味が悪いな(^_^;)

明日は移動日ですし、間が空いてくれるのは
ちょっと助かるかな?
選手たちもお疲れですしね☆

ではでは

コメント

No title
加藤はうまく演技したがやりすぎ。自分はそれでいいが相手の痛みが解らないのかな?かすってもいないのに痛いわけがない。いやらしい演技でファンとしても後味が悪いです。
2012/11/02(金) 11:35:12 |URL|巨人すきすき #- [編集]
No title
1、ボールが体のどこにもあたっていないのに、頭を抱えながら激しく転倒し、ヘルメット指さして頭部死球をアピールした。
2、審判は最初両手を大きく上げてファールの判定をしたが、地面でのたうち回る加藤の演技&原監督の抗議でファール→死球&危険球の判定に覆った。

以上の2点が札幌ドームの観客からみると卑怯に映ったのでしょう。観客もワンセグでプレーを見ることができる時代です。栗山監督の抗議の間もTVではスロー映像が何度もリプレイされてましたから。

それにハムファンにしたら序盤の3点差ならまだ逆転できる余地ありだし吉川から多田野に交代し立て直す矢先でしたから「なんてことするんだ」という思いでしょう。

それから東京ドームで相手チームにアレをやられたら、札幌ドーム以上のブーイングになったと思います。逆にブーイングおこらない球場なんてないのでは?
むしろ札幌ドームでまだよかったですよ。甲子園ならあんなもんじゃすまないと思います。加藤には警備がつきますよ。

相手のブーイングを非難する前に、巨人ファンも相手投手の牽制球にいちいちブーイングするのはやめた方がいい。
加藤の演技と違って、牽制球はれっきとした正当なプレーです。

それから長野死球の後の鶴岡の打席時、巨人ベンチから「鶴岡にぶつけろ」という趣旨の激しいヤジが飛んだようです。主審がいったんゲームを中断して巨人ベンチに注意をしています。あれも恥ずかしい。

長野の死球ですが、当てた森内の表情見てましたが、わざと当てたようには感じなかった。すぐに帽子をとって謝罪してます。2戦目に陽と中田にぶつけた澤村の方がよっぽど憮然としてた。帽子も取らなかったしね。
ただ長野死球のときのあの拍手はないですね。わざとじゃない森内がわざと当てたように見えてしまった。ファンが選手の首を絞めちゃいましたね。

確かに審判が一番悪いですが、加藤はやりすぎ。達川の方がまだかわいいし、達川自身も「俺でもあそこまでやらない」とコメントしてます。ノムさんにいたっては「アカデミー賞」とまでコメントしています。こんなこと言われて恥ずかしいです。

アピールしたのはただの死球じゃありません。頭部の場合は投手退場です。そこまでやるか。そんなことしなくても勝てるだろ!と思いました。

せっかく大勝したのに加藤のせいでケチつけられてすっきり喜べなくなりました。

長文失礼しました。
2012/11/02(金) 15:01:33 |URL|ぴょん #- [編集]
No title
加藤はあわや、選手生命を脅かされるかもしれない怪我をする寸前だったのです。
それを命からがら間一髪で避けたのです。
判定はさておいて、たとえ当たらなくても多田野投手は加藤選手に謝罪してもおかしくなかった場面だし、加藤選手は睨み返してもいい場面だったのです。
以上のことから一番悪いのは多田野投手なのです。
おまけに多田野投手が、試合後、「騙す方も騙す方騙される方も騙されるほう」とか自分はまったく被害者みたいな発言しているのも私としては納得いきません。。
だって自分のノーコンで原因作ったんだから、そこに「投げる方も投げる方だ」って言い加えれば、審判も加藤も、多田野もみんな救われるのに「俺は何も悪くない」ってことでしょ?。はっきり言って大人じゃないです。
まあそもそも危険球が当たらなきゃ危険球にならないってことがおかしいんですよ。
当たらなくても危険球は危険球ですから。
私は野球経験者ですが頭部へのデッドボールの時ってあの小さなボールがものすごく大きく見えるの知ってますか?
それだけでかなりの精神的な後遺症が残るものなんですよ。
だから次、次々打席加藤選手がヒット打ったとき本当に嬉しかったです。
まあとにかく悪いのは多田野と審判だから二人でとことん話し合ったらと思います。
それでハムファンは加藤に謝れ。以上です。


2012/11/02(金) 18:36:32 |URL|あわわ #tQ725RIE [編集]
No title
こんにちは!
なんとか札幌で1勝出来て、良かったですよね!昨日のすぽるとでは、立浪さんがこの日の勝因に「坂本選手」をあげてましたよ~~。

ベンチ入りから外れた藤村選手ですが。決して練習不足や努力不足ではないと思うんですけどね・・・。それでも。以前に、本塁への送球がそれた?時は、それを徹底的に練習してましたし。今度は、1塁ベースカバーの練習たくさんして、1個1個地道に克服して行ってくれればな~と思います。絶対に近いうちに(と言っても、今季はもう終わってしまいますが)またチャンスはあります!それまで、頑張って欲しいです。おかんじゃない目線だと、こんな感じかな~??(笑)

なんかいろいろありすぎて、何から書いていいか、ここでのコメントも、自分のブログも、わからないんですけどね。杉内投手がやはり登板回避になってしまったのが残念だし、心配だし、杉内投手も悔しい思いをしてると思うとつらいですよね。
そして、阿部選手の足の状態。そして今私がいちばん気にしてるのは、長野の足の状態です(T.T) あと・・・カトケンさんの気持ちも・・・。

明日、日本一決められると良いな~、応援も頑張りたいです。
2012/11/02(金) 18:49:33 |URL|ミズホ #FPsB/icw [編集]
スボーツマンシッブのかけらもない加藤、恥を知れ。巨人軍選手は紳士たれ???
長野に拍手したのはファイターズファンばかりだとしたらいかがなものか、交流戦の時だって別にどーでもいい選手なんだから、ブーイングなんかしませんし。
日本シリーズだからファイターズファン以外の観客もたくさんいたからじゃないかな。
2012/11/02(金) 20:06:52 |URL|イチロー #- [編集]
No title
まいど、つゆりさん。

坂本は村田とともに超ファインプレーしてました。アウトにできなかったら、いきなりのピンチになっていたので、ビッグプレーだったと思いますよ。

初戦の再現となった、内海VS吉川、先に援護をもらった内海、吉川もすぐに点を取ってもらったけど、追いつけなかった分、抑えなければの思いが空回りしたようです。ボウカーに再びやられて、歯車がかみ合わず本来の力を出せずに降板、それだけに内海が頼もしく、雄々しく見えましたね。

カトケンの場面はたまたま見てなくて。でも、あの態勢でインコースに来れば、やはり恐怖を感じたと思う。 ただ、当たってはなかったのなら少しやりすぎだったとは思う。

でも、当事者でない審判が「危険球」と判定したなら、判定の責任を選手に求めるのは間違いだろう。達川の『あそこまではやらない」発言も全く的外れでウケを狙ったとしか思えない。「あそこまで」ってどこまで? 自身が審判を欺こうとした名人なのに、「演技がへた。」ならわかるけど、やってる行為は一緒じゃんと思った。

まあ、日ハムとしたら「冗談じゃない。」と思うのも仕方ない。いきなり強制的に投手交代させられるのだから。

だからといってあれが「誤審」と決めるのはファンでも選手でも監督でもない。たとえばベースを踏んでいたかいないかなら、写真やビデオで確認できるが「危険球」はもともと選手の命を守るためのルール。結局は試合を監督する審判がジャッジする。だったら「誤審」かどうかは審判自身か審判部で判断すればいいと思う。

後味良くない場面だったけど、これも野球でしょう。

で、気を取り直して、王手で東京ドームに帰ってくる。有利には違いないがやはり先取点が大きいだろう。キーマンは坂本になりそうだ。たのむ、勇人。

大介は・・・仕方ない。それだけのって言うか、戦っている気持ちが足りなかったね。
でも、ちゃんと戻ってこいよ。

でわ
2012/11/02(金) 20:13:39 |URL|シン #- [編集]
買ってきました。
 オレンジ色の紙テープ、買ってきました。家に帰るときには、勝ってきました、と
言える様になれば最高なのですが、どうでしょうか?

 仮に第7戦にもつれ込んでも、チケットは手元にあるので、大丈夫なのですが、
3勝3敗のタイにはなって欲しくないです。ちょうど2008年の日本シリーズと
同じ展開なんです。西武ドームで第5戦、王手を掛けました。東京ドームに帰って
後1勝すれば、日本一という状況でしたが、連敗してしまい、涙を呑みました。
本当に悔しい年でした。

 さて私、日本シリーズでの巨人の胴上げ、生で観たのは2000年・ON対決の
1度しか見たことがありません。2002年は西武を相手に4連勝、惜しくも西武
ドームには行っていなかったんです。前回から、干支が1周りしてしまいました。
普段から素行の良い私には、ご褒美として、きっとその場に立ち会わせてもらえる
ものと信じています。

 昨日の試合の事ですが、疑惑の危険球の場面、まだ帰宅途中でして、リアル
タイムでは見ていませんでした。リプレイの映像をみると、紛れもなく当たって
いませんね。

 他の方も色々書かれていますが、普段その事について触れる人間では
ありませんが、今回は少しだけ書かせて貰います。触れないというのは、
世の中色々な人が存在していて、色々な考えを持ったり感じたりするのは
当たり前の事ですし、表現の自由もありますし、つゆりさんのブログですから
削除するのも、肯定するのも否定するのも、これまたつゆりさんの自由だと
思っているからです。

 それでもって、演技をした?果たしてそうなのでしょうか?演技をするとしたら、
「頭の近くにボールが来たら、当たった振りををしよう」と常に考えていなければ
出来ないことだと思います。プロの選手がそんな事を、頭に入れているとも
思いません。慎之助選手の代役で、シリーズ初登場の試合、夢中でプレーして
いたと考える方が自然です。結果として、当たった様な素振りになってしまったのでは、
と私は考えます。

 当たっていないのに嘘をついた、デッドボールもそうですし、走塁のタッチプレーの
アウト・セーフもそうなのですが、当人同士は分かっている事かも知れません。
それが事実と違うジャッジとなったとき、有利な判定を貰った選手が、「本当は
当たっていません」とか、「本当はベースを踏んでいないのでアウトです」などと
申告した場面には、1度も遭遇したことがありません。それは暗黙のルールなのかな、
と解釈します。

 今回の場面と比較するのはおかしいですが、キャッチャーが微妙なコースで
キャッチした時、ミットをストライクゾーン寄りに動かしたり、バックホームの際に
滑り込んでくるランナーに、返球のボールをこぼしたにも関わらず、タッチしたように
見せるプレー、外野手がハーフバンドで捕球した時も、ついグラブを高く上げて
ノーバウンドキャッチに見せるアピールは、全てインチキと言ってしまえば簡単ですが、
真剣勝負をしている選手達の心理状態を表していると思います。

 小笠原選手が巨人に移籍した後、札幌ドームでは打席に小笠原選手が向かう
時のブーイングは、それはもう酷かったです。1年だけではなく、何年も続いたと
記憶しています。
 応援の話しですが、相手チームが凡打に倒れたときに、「アウト」コールをしないのは
巨人の応援団だけかと思います。9回ツーアウト、他のチームの応援は「あと1人」
とか「あと1球」と応援しますが、巨人の場合は「味方のピッチャーへの声援」を
します。

 ただ危険なのは、「巨人ファン」とか「日ハムファン」と一括りにする事です。
「色々な人が存在する」と前にも書きましたが、どのチームのファンにも、紳士的な
人もいますし、高圧的な人もいます。ですから、ファンがどうのと、たかだか
数文字で表現できる訳がありません。

 最近の話しでは、阪神戦を例に挙げれば、金本選手の東京ドームラストの試合、
花束を受け取る金本さんに対して、ドーム全体大勢のファンから惜しみない拍手が
送られました。
 昨年の話しでは、2000本安打を達成した小笠原選手に、レフトスタンドの
虎さんファンも、一緒に祝福してくれました。

 逆に、味方のチームの選手がエラーしたとき、汚い言葉で罵声を浴びせる人や
相手チームを罵る人がいるのも事実ですし、少数派とも思えません。

 今回の一件は、甲子園での脇谷選手の事を、一瞬思い出しました。それから以前、
球団の運営方針に異を唱えた方のコメントもありましたが、それらの意見は直接
球団に言う事であって、一ファンのブログにコメントする話しではなく、自己中心的な
コメントであったと思いました。

 書き忘れましたが、長野選手へのデッドボールの場面、あの拍手は「良く当てた」と
いうものよりは、「ランナーが出てピンチになったけどガンバレ」という声援の
意味の方が多かったと信じたいです。普段から日ハムファン(一括りの表現ですが)
日ハムが守っている時に、声援の大きな拍手をあげていますので・・・。

 ここに綴った事は、私の私感であって、これらを他の人に押しつけようとか、同意を
得ようとは、一切思っていませんので、その点はご了承ください。

 私は、試合内容はともあれ、勝って優勝してくれればそれで良い、とにかく
そう思っている人間です。最後に、伊丹までの航空券、取りました。良い天気で
ありますように・・・。長文にて失礼しました。

 
2012/11/02(金) 20:17:50 |URL|ひで #mQop/nM. [編集]
名演技
加藤の話はナシですか?

加藤は名演技でした
加藤がオーバージェスチャーで退場すべき

当たってないなら塁に出るな!

バント体勢で顔がベースに掛かってるのに
そんな球で危険球とかオカシイ。

本来これはインハイの単なるボール球。



森内君は頭を下げてたのに
第2戦で澤村は2人にぶつけても知らん顔してましたね
最後はガッツポーズして見せて。


本当に巨人は悪役ですな


2012/11/02(金) 22:39:00 |URL|ハラタツ・ノリ #- [編集]
No title
加藤の名演技は、少年野球をしている息子には見せたくないシーンでした。
このようなシーンが続くと、野球界を引っ張っていく巨人軍の人気度はさらに地に落ちていくでしょうね。
頭部に当たったとアピールしているのなら、即刻病院に検査に連れて行くべきです。
ましてや前科があるのなら・・・。
全国民が見ている試合なのですから、あのような見にくい芝居はこれっきりにして欲しいものです。
2012/11/03(土) 02:19:51 |URL|演劇部 #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://tuyuli6.blog76.fc2.com/tb.php/974-410d384e

Camelog(カメログ)

ちょっと見つけたので貼ってみます♪
弾けるハートがかわいいでしょ♪(*^_^*)

greeen キセキ

プロフィール

つゆり

Author:つゆり
つゆりです
物心ついた頃から巨人ファンの大阪人
昔は井上真二さんが好きでした♪
今は坂本勇人を応援してます!!
2011年からは、藤村大介も応援してます!!
(澤村拓一はこっそり応援中(笑))
2012年8月からは宮国椋丞も応援始めました♪
小料理屋の女将のようにみなさんとの
ふれあいを大事にしていきます
たくさんの方のご来店、楽しみにしております
こんな私ですが、日本一連覇を目指す巨人と共に
応援していただけたら嬉しいです♪

ジャイアンツニュース

powered by プロ野球Freak

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

坂本勇人 (44)
澤村拓一 (17)
藤村大介 (23)
宮國椋丞 (4)
長野久義 (2)
大田泰示 (4)
亀井義行 (3)
山口鉄也 (1)
内海哲也 (8)
星孝典 (1)
金刃憲人 (1)
加藤健 (1)
木村正太 (1)
木村拓也 (1)
寺内崇幸 (1)
荻野貴幸 (1)
西岡剛 (1)
松本竜也 (1)
杉内俊哉 (1)
久保裕也 (1)
中井大介 (1)
中谷仁 (1)
菅野智之 (3)
阿部慎之助 (2)
水野 雄仁 (1)
河野元貴 (0)
西村健太郎 (0)
高橋由伸 (1)
2010 クライマックスシリーズ (6)
2010 ドラフト (1)
2010 キャンプ (5)
2010 日本シリーズ (1)
2010 オフシーズン (17)
2010 ファンフェスタ (3)
2011 合同自主トレ (2)
2011 オープン戦 (4)
2011 キャンプ (11)
2011 練習試合 (1)
2011 ペナントレース (134)
2011 オールスター (3)
2011 クライマックスシリーズ (3)
2011 秋季キャンプ (13)
2011 オフシーズン (18)
2011 ファンフェスタ (2)
2012 オフシーズン (11)
2012 自主トレ (5)
2012  合同自主トレ (4)
2012  キャンプ (14)
2012 オープン戦 (18)
2012 練習試合 (4)
2012 ペナントレース (118)
2012 交流戦 (25)
2012 オールスター (4)
2012  CS関連 (4)
2012 クライマックスシリーズ (6)
2012  日本シリーズ (7)
2012 アジアシリーズ (4)
2012 ファンフェスタ (1)
2012 パレード (1)
2012 V旅行 (2)
2013 自主トレ (3)
2013 キャンプ (13)
2013 オープン戦 (3)
週刊ジャイアンツ (2)
熱血情報 (34)
お出かけ (7)
ジャイアンツ テレビ出演 (10)
ジャイアンツ イベント (1)
侍ジャパン (23)
原辰徳 (2)
息子たちへ (2)
未分類 (247)
その他 (91)
88年会活動 (1)
88年会テレビ出演 (4)
記念日 (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR